ページの先頭です

Freshel スキンケアBBクリーム × コントゥアリングメイク BEAUTY or BEAST 美女か、野獣か

顔の形に合わせてハイライトと
シェーディングを駆使し陰影をつけることで
顔のメリハリをつけるメイクです。

野獣メイクとは?

野獣がもつ特長ある模様をメイクに取り入れたもの。
野獣模様の明暗にこそ、メリハリ肌になる秘訣があります。

フレッシェルBBがイイ理由

のびがいいフレッシェルBBは
肌なじみがよくきれいな仕上がりに。
潤いを逃さないフレッシェルBBを
重ねづけするとツヤ肌が
続きます。

3つの顔型タイプ別にメイク方法をご紹介

  • 丸顔タイプ
  • 逆三角顔タイプ
  • 面長顔タイプ

丸顔タイプ

BEFORE

BEAST

「丸顔」タイプは、顔の縦幅に対して横幅が大きいため、「縦のライン」を意識してメイクをしていきましょう。顔の中心に縦のラインをつくるために顔のサイドにシェーディングし横幅を小さく見せ、縦にハイライトを入れることがポイントです。

Step.1

BBで薄くベースを作ったあと、さらにカバーしたいところに指でBBを重ねていきます。目の下、口周りなどの細かいところは筆や指先で重ねます。ベースにフレッシェルBBを使うことで顔の色ムラを均等*1にしつつ、美容液成分(保湿)配合で日中*2も潤いをチャージしてスキンケア効果も得られます。

*1 メイク効果による補整
*2 朝つけてから夕方落とすまで

Step.2

頬骨の高い部分、Tゾーン、口周りにハイライトを縦長に入れ、縦のラインをつくります。

Step.3

フェイスラインの生え際にシェーディングを入れることで横幅をカバーし、卵型に近付けていきます。

Step.4

頬骨の高い所に斜めにチーククリームを重ねていくことでなじませたときに血色感のある仕上がりに。

Step.5

最後に、BB、ハイライト、シェーディング、チークをたたいてのばしていきます。顔の中心はしっかり指またはスポンジでたたきこみ、フェイスラインの生え際は毛に逆らうように伸ばし、フェイスラインと生え際の境目をなじませます。のびがいいフレッシェルのBBクリームだから肌なじみがよく、きれいに仕上がります。

FINISH

難しく考えないでね!
迷った時は「卵を描く」ことよ!
自分の顔形に卵型を描くにはどこを塗ればいいか、
それを考えるだけ!!

逆三角顏タイプ

BEFORE

BEAST

「逆三角顔」タイプは、額や目のまわりの広さ、シャープなあごが特徴です。額のまわりの大きさをカバーするようにシェーディングを入れ、シャープな印象から丸くふっくら卵型に近付けるようにメイクをしていきます。

Step.1

BBで薄くベースを作ったあと、さらにカバーしたいところに指でBBを重ねていきます。目の下、口周りなどの細かいところは筆や指先で重ねます。ベースにフレッシェルBBを使うことで顔の色ムラを均等*1にしつつ、美容液成分(保湿)配合で日中*2も潤いをチャージしてスキンケア効果も得られます。

*1 メイク効果による補整
*2 朝つけてから夕方落とすまで

Step.2

頬骨の高い部分、額の中央、口周りにハイライトを入れます。鼻の先は短めにハイライトを入れます。

Step.3

額から頬骨の下あたりにかけて生え際にシェーディングを入れ、卵型に近付けていきます。

Step.4

頬骨よりやや下から楕円にチークを入れることで、あご先のシャープな印象を柔らかくします。

Step.5

最後に、BB、ハイライト、シェーディング、チークをたたいてのばしていきます。顔の中心はしっかり指またはスポンジでたたきこみ、フェイスラインの生え際は毛に逆らうように伸ばし、フェイスラインと生え際の境目をなじませます。のびがいいフレッシェルのBBクリームだから肌なじみがよく、きれいに仕上がります。

FINISH

コントゥアリングメイクの
大事なポイントは
ハイライトとシェーディング、
そして血色感を入れることよ!

面長顔タイプ

BEFORE

BEAST

「面長顔」タイプは、顔の横幅に対して縦幅が長いため、「横のライン」を意識してメイクをしていきましょう。額とあごにシェーディングを入れ縦のラインをカバーし、顔の中心に横長にハイライトを入れることがポイントです。

Step.1

BBで薄くベースを作ったあと、さらにカバーしたいところに指でBBを重ねていきます。目の下、口周りなどの細かいところは筆や指先で重ねます。ベースにフレッシェルBBを使うことで顔の色ムラを均等*1にしつつ、美容液成分(保湿)配合で日中*2も潤いをチャージしてスキンケア効果も得られます。

*1 メイク効果による補整
*2 朝つけてから夕方落とすまで

Step.2

眉骨と頬骨の高いところは横長に、額の中央は短めにハイライトを入れていきます。

Step.3

額とあご先、フェイスラインの生え際にシェーディングを入れ、縦幅をカバーし卵型に近付けていきます。

Step.4

小鼻の脇あたりから、チークを楕円形に入れていきます。
頬の高い位置にチークを入れると、縦のラインが強調されてしまうため注意しましょう。

Step.5

最後に、BB、ハイライト、シェーディング、チークをたたいてのばしていきます。顔の中心はしっかり指またはスポンジでたたきこみ、フェイスラインの生え際は毛に逆らうように伸ばし、フェイスラインと生え際の境目をなじませます。のびがいいフレッシェルのBBクリームだから肌なじみがよく、きれいに仕上がります。

FINISH

メイクで大事なことは楽しむこと!
あなたもフレッシェルのBBで
コントゥアリングメイクをお試しあれ!

  • 素肌メイク(BB・CC・パウダー)

TOPへ戻る

↑

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る