季節と肌のお手入れ

3月 春の日差しにご用心! 美肌のカギは早め早めのUV対策

暖かい日差しに誘われて、お出かけしたくなる季節になりました。
でもその前に、あなたの紫外線対策は万全ですか?
紫外線量が一気に増えるこのシーズン。
「涼しいからまだ大丈夫」なんて油断していると、取り返しのつかないことにもなりかねません。
後悔するその前に、今から早速UVケアを始めましょう。

春の肌は一年でもっとも無防備?

肌の色の季節変化(当社調べ)

色白の人は紫外線のダメージを受けやすい、というのはみなさんよくご存じですね。シミやソバカスの原因となるメラニンは、実は肌を紫外線から守る役割をしているため、元からメラニンが少ない色白の人は紫外線に弱いのです。

つまり、日焼けして肌色が濃くなっているときより、そうでないときの方が紫外線の影響を受けやすいということ。では、一年のうちでもっとも肌色が明るくなる時季は、いつでしょう? 「紫外線が少なくなる冬?」と思いきや、実は肌色がいちばん明るくなるのは春なのです。

肌は季節と共に変化しますが、前のシーズンの影響が表れるまでには時間がかかります。ですから、紫外線が少ない秋冬を経た今、肌色は一年のうちでもっとも明るくなっているのです。つまり、春の肌は紫外線に対してとても無防備な状態。そのうえ紫外線量が急増し、外出する機会が増えるこの時季は、まさにUVケアの勝負どきなのです。

シミだけじゃない!あらゆる肌トラブルの元凶、紫外線

地上に届く紫外線には、「UV-B」と「UV-A」があります。
「UV-B」は皮フに対する刺激が強く、急性の炎症(サンバーン)や数日後には、黒化(サンタン)を起こします。対して「UV-A」は真皮から皮下組織まで到達します。「UV-B」のような強い作用はありませんが、長期間浴び続けると深いシワやシミを作る原因となります。

紫外線の影響と肌イメージ図

紫外線ケアというと、サンバーンやシミなど肌の表面に表れるダメージを防ぐことに目がいきがちです。しかし本当に怖いのは、知らず知らずに浴びている日常生活における紫外線(生活紫外線)です。たとえすぐに日焼けとして肌にトラブルを与えなくても、今までのダメージが積み重なったものが、やがてシミやシワなどの肌老化の原因となるのです。

ですから夏だけでなく、春からしっかりUVケアをすることが大切。ましてや、肌色が明るくなっているこの季節、肌はとても紫外線ダメージを受けやすい状態です。曇りの日や屋内でも日焼け止めを忘れずにつけるようにしましょう。

スキンケア感覚の日焼け止めなら、毎日のUVケアが習慣に

毎日のお手入れが大切なUVケアだからこそ、日焼け止めの使い心地にはこだわりたいもの。「SPF」や「PA」といった紫外線防止効果の数値だけなく、肌へ負担をかけないことや使用感も大切です。「高機能日中用美容液」の「UVエッセンスa」は、「美容液」の名前の通りインプレスに共通して配合されている美容成分がたっぷり。SPF27・PA++と、生活紫外線をしっかりカットしながら、紫外線ダメージだけでなく、乾燥によるくすみや肌荒れ、キメの乱れといった複合的な肌トラブルまでケア。優れたスキンケア効果で、ハリのあるみずみずしい肌へと導きます。

また「UVエッセンスa」は、まるでミルクのようなさらっとしたテクスチャーで、日焼け止め特有の被膜感がないのも魅力。まったくきしみを感じさせない、なめらかな仕上がりです。ぜひ、毎朝の習慣にしてください。

長時間、屋外にいるときやレジャーには、SPF50+の「ブライトニングサンプロテクター」で全身をしっかりプロテクト。シーンに合わせて「UVエッセンスa」と使い分けて、肌を紫外線から徹底的にガードしましょう。

3月のおすすめアイテム

Impress
UVエッセンスa

日常の紫外線から肌を守りながら、同時にダメージをケアする高機能日中用美容液。ミルクのような贅沢なテクスチャーで、紫外線だけでなく、空気の汚れなどの外的ストレスや乾燥による複合的なトラブルに働きかけ、透明感あふれる端正な肌へと導きます。

Impress IC
ブライトニングサンプロテクター

SPF50+のUVカット効果で、強い紫外線からもしっかり肌をプロテクト。汗、水に強いうえ、白くならないから全身にご使用いただけます。贅沢に配合されたスキンケア成分やバラの香りも魅力。

春(2月・3月)のベーシックケアアイテム

くすみには、
洗顔でおだやかに角質オフ
「なんとなく肌がくすんでいる」と感じることはありませんか? この時季のくすみは、余分な角質が溜まっていることが原因かもしれません。冬の間の血行不良によりターンオーバーが乱れると、不要な角質がうまくはがれ落ちずそのままになってしまうのです。そんなときは、まず洗顔料を変えてみては? おだやかに角質を取り去るタイプなら、洗い上がりの肌がワントーン明るくなるのを体感できますよ。