治療・原因究明について

日本皮膚科学会における「ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会」(2013年7月17日設置)、厚生労働省における「ロドデノール配合薬用化粧品による白斑症状の原因究明・再発防止に関する研究班」(2013年10月11日設置)により、病態究明と治療方法の確立、および原因究明と再発防止に関する活動が進められてきました。カネボウ化粧品からはこれらの研究に有益と思われるデータの提供を行なってきました。
日本皮膚科学会の特別委員会としての活動については、2015年5月31日をもって終了していますが、現在も、皮膚科医の先生方をはじめとする専門家により多くの研究が進められており、その成果が期待されます。
花王グループ・カネボウ化粧品では、プロジェクトチームを編成し、原因究明に向けた研究を行っており、これからもその成果を、これら研究を進めておられる研究機関等に提供していきます。

診断・治療に関する最新情報

日本皮膚科学会ウェブサイト ロドデノール含有化粧品について

  • ●「患者さん向けFAQ」(診断及び治療に関する最新情報)
  • ●診療対応可能施設
https://www.dermatol.or.jp/modules/public/index.php?content_id=5

  • ●2015年5月31日開催 市民公開講座当日配布資料(PDF)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/news/20150605shiminkoukaikouzashiryou.pdf

原因究明に向けた研究

ロドデノールがメラノサイトに与える影響について(PDF)

  • 「化学物質(ロドデノール)による白斑研究基金」の助成による白斑研究概要
日本皮膚科学会ウェブサイト 「化学物質(ロドデノール)による白斑研究基金」の研究成果発表

お問い合わせ

カネボウ化粧品 お客さま窓口

0120-137-411

受付時間:午前9時〜午後5時
(土日・祝日を除く)

※電話番号はお間違えのないようにお願いいたします。

ページの先頭へ