event report

ルナソルの新コレクションを、発表会の様子と共にいちはやくご紹介します。

ルナソル2007年春新商品発表会

冬の気配が刻々と近づく11月、南青山のスパイラルホールにて、ルナソルの2007年春夏新商品発表会を開催しました。漆黒のカーテンが垂れる会場は、シックで落ち着いた雰囲気。ルナソルが提唱するのは「こころまで洗われる、浄化メイク。」ひとつひとつのメイクプロセスを丁寧に重ねていくことで、仕上がったときにこころまで洗われたような心地になる。そんな“浄化メイク”の進化形を、ひと足先にご紹介します。

美しさを極めた「絶世の肌」がテーマ

ルナソルの2007年春夏のテーマは「絶世の肌。」。ルナソルがこれまでもっとも大切にしてきたのは、「肌」そのものの美しさ。だからこそ、もう一度基本に立ち返り、肌を引き立てるためのトータルメイクアップをつくろう、そんな思いから生まれたのが、このコンセプトなのです。

「ソフト」と「モイスト」の2つの肌を際だたせるメイクアップ

ルナソルが提案するのは、ふたつの肌のイメージに合わせてコーディネートしたメイクアップ。大人の魅力が香り立つ上品なツヤをまとった「モイスト肌」(左写真:中央)は、クリームファンデーションとベージュベージュのポイントメイクで、どこかかわいらしさを感じさせる透明感溢れる「ソフト肌」(左写真:下)は、パウダーファンデーションとベージュピンクのポイントメイクで仕上げます。ファンデーションからアイメイク、リップ、ネイルに至るまで、すべて肌を美しくみせることを目的としたラインアップで、「絶世の肌」を完成させます。

計算し尽された発色と質感の春夏新商品をご紹介します!

ベースメイクから初お目見えの「スキンフュージングパウダーファンデーション」は、今までリクイドやクリームタイプにしか実現できなかったフィット感やツヤ感を、見事に完成させた進化型パウダーファンデーション。化粧下地「スムージングメイクアップベース」や、日中用保護乳液「フェースプロテクション」、バージョンアップした目元用コンシーラー「アンダーアイズベースN」も、注目の新アイテム。ファンデーションと併せて使えば、さらに美しく滑らかな肌が実現します。

アイシャドウやポイントメイクも色で主張するのではなく、光と影を駆使して立体感を出すことで存在を際立たせるのが、ルナソルの“浄化メイク”。今回新登場したアイシャドウ「スキンモデリングアイズ」の全4色は、肌をもっとも美しく見せるために考え抜かれたラインアップ。発色、光感、透明度など、あらゆる角度から計算し尽されたパレットは、ひとつあれば大活躍すること間違いなしです。



限定発売の「スキンモデリングリップス」は、さまざまな質感を楽しめるようセレクトされた4色のリップカラーをひとつのパレットにセット。ベースとなるカラーにグロスを重ねれば、発色や光を自由に操ることができます。リップスティック「インテレクチュアルリップス フルグラマー」からは、新色4色が登場。つけた瞬間すっと肌に溶け込んで、思わず触れたくなるようなみずみずしく立体的な唇を生み出します。

新しいルナソルの発売日はアイシャドウなどのポイントメイクが1月19日、ファンデーションなどのベースメイクが2月23日です。みなさまの前にお目見えするその日まで、どうぞ楽しみに待っていてくださいね。