makeup lesson perfedt step

BASE MAKEUP

土台を整える

化粧下地で肌を整えてから、ファンデーションを塗ります。 ファンデーションには、指とスポンジを使った2通りの塗り方があります。

1. 化粧下地 化粧下地は面でのばす

ベースメイクの完成度を高めるために、まずは化粧下地で土台をつくります。化粧下地を額、両頬、鼻、あご先におき、中指と薬指の指先から第二関節まで大きく使って、目もとまでまんべんなくのばします。

化粧下地を頬や額などの広い面にのせる時は、指を大きく動かしながらなじませると、化粧下地のムラづきを防ぎ、ファンデーションのノリ、もちがアップします。目もと、小鼻などの細かい部分は、指の腹でやさしくなじませて。

動画を見る

2. 頬はゆるめにパッティング

卵型のスポンジの細い方を指ではさむように軽く持ち、スポンジの広い面でファンデーションをとります。頬などの広い面は、ファンデーションを置くイメージで、パッティング。輪郭部分は、肌をなでるようにしてのばします。

動画を見る

next step

3. 鼻筋は上からスムースに

額をパッティングしながら塗り、その流れで眉間から鼻筋へとのせていきます。鼻筋は骨張っているので、スポンジを上から下へのばします。ファンデーションの量は控えめに。あごのラインまで伸ばしたときになくなる位が目安です。

next step

4. 細かい部分はロールの面でカバー

目の下、小鼻、口もとなど細かい部分には、スポンジを2つ折りにしたロール状の面をフィットさせながら、ファンデーションをのせます。気になる部分は、重ねづけしてカバーを。まぶたにはファンデーションをのせません。

next step

2. 内側から外側へのばす

ファンデーションを手の甲にとり、中指と薬指の指先から第二関節まで使い、力を入れずにのばします。頬の内側から外側へ向かってのばし、輪郭部分は薄くなじませます。力を入れずに指を肌にそわせるのがポイント。目の下はやさしく、額は中央から外側へのばし、こめかみにつなげます。

動画を見る

next step

3. 細かい部分は指で調節

鼻筋、小鼻、口もとは薄くのばします。Tゾーンやよく動く部分は、ファンデーションの量を少なめにしておくと、きれいに仕上がります。気になる部分があれば、指で軽くパッティングしながら重ねづけしてカバーしましょう。

next step

4. 仕上げはスポンジで

スポンジを使って余分な油分をとり、ファンデーションの化粧もちをアップさせます。頬と額はやさしくパッティングし、輪郭と生え際はなでるようにぼかします。鼻筋は上から下へ動かして。目の下や小鼻など細かい部分はスポンジの細い面を使ってフィットさせます。まぶたにはファンデーションをのせません。

next step

光と影を整える

ニュアンスチェンジファンデーションを使って、自然な立体感を演出しましょう。コンシーラーでクマやくすみ、シミをカバーします。

1. 光をまわす

光で立体感をだす

ニュアンスチェンジファンデーションで、頬骨の高い部分、Tゾーンに光をのせます。ブラシから肌に直接のせ、指でなじませます。その後、ファンデーションが残っているスポンジでやさしくなじませて光のグラデーションをつくります。

ニュアンスチェンジファンデーションをなじませる時は、最初に塗ったファンデーションを動かさないよう、やさしくパッティングしてなじませましょう。

動画を見る

next step

1. 余分な影を消す

クマやくすみをカバー

目の下のクマには、アンダーアイズコンシーラーを使用。目頭から下にのびるクマのラインと目尻にのせた後、指の腹でなじませます。

動画を見る

口もとを引きしめる

口のまわりの影を消してすっきりとした口もとに。アンダーアイズコンシーラーを口角の上下にのせ、指の腹で丁寧になじませます。

シミ、ソバカス、色ムラをカバー

シミやソバカス、色ムラのカバーには、パレットコンシーラーを使用します。気になる部分にコンシーラー用ブラシでコンシーラーをのせ、チップで輪郭をぼかした後、仕上げ用パウダーをブラシで重ねづけし、定着させます。

next step

パウダー仕上げ

フェースパウダーでベースメイクを仕上げます。 ブラシとパフ、2 通りの使い方があります。

1. 目もとはブラシを回転させて

大きめのブラシフェースパウダーをとり、余分なパウダーを軽くはらいます。目もとは、ブラシを軽く寝かせて肌にあて、そのまま、ゆっくり回転させながら、目頭から目尻へ移動させます。この時、肌からブラシを離さないように。

肌からブラシを離したり、ブラシでこすったりするとムラづきの原因に。ブラシは、面に沿って動かす感覚で。

動画を見る

next step

2. 広い面は円を描くように

フェースパウダーを頬や額などの広い面になじませる時は、ブラシで大きな円を描きながら、やさしくのせましょう。下に塗ったファンデーションを動かさないようにするのが大切です。最後に手で触れてみて、さらっと仕上がっているかを確認します。

1. 広い面からのせていく

パフフェースパウダーをとり、両手でもみこむようにしてパウダーをパフの中にしっかりと含ませましょう。頬など広い面から顔の立体に沿ってのせていきます。

動画を見る

next step

2. 細かい部分はパフを半分に折って

目の下やTゾーン、小鼻のまわりなどの細かい部分、崩れやすい部分には、パフを2つに折り曲げた丸い面を使って、パウダーをしっかり密着させましょう。最後に手で触れてみて、さらっと仕上がっているかを確認します。余分な粉をブラシではらうと美しく仕上がります。

ルナソルパーフェクトステップを、
動画でご覧いただけます。

全ステップを動画で見る

ルナソルパーフェクトステップの
PDFを、ダウンロードいただけます。

PDF(2MB)をダウンロード

浄化メイク:こころまで洗われるような気分に導くメイク