makeup lesson perfedt step

EYE MAKEUP

目もとを整える

アイリッドベースでくすみを消し、 目のフレームをアイライナーで整えます。

1. 目もとを下地で整える

くすみをカバー

まず、アイリッドベースで目もとのくすみをカバーしておきます。アイリッドベースを指にとったら、ファンデーションを塗っていない上まぶた全体に薄くのばし、目の際まで広げます。指の腹をすべらせるようにしてムラなくなじませるのがコツ。べたつきが気になる時は、指で軽くおさえて落ち着かせて。

アイリッドベースを使うことで、アイシャドウのノリ・発色・もちまでアップします。

動画を見る

next step

2. 目の輪郭を整える

基本ラインを決める

ペンシルアイライナーで、基本となるラインを描きます。まつ毛とまつ毛の間を埋めることを意識しながら、目尻から目頭へ向かって、ラインを描きましょう。ラインは一気に引かず、ペンシルを少しずつ動かすのがコツです。同じ要領で、下まぶたにも目尻より1/3 程度までラインを描きます。

動画を見る

目尻を整える

ラインを描き終えたら、ペンシルアイライナーの後ろのチップを使って、ラインのブレを整えます。
下まぶたのラインも、同じくチップを使って、軽く整えます。

next step

目もとの陰影をつくる

ハイライトカラー、ミディアムカラー、メインカラー、シャドウカラーを使い分けて、 目もとに自然な陰影を作り、美しい立体感を演出しましょう。

1. ハイライトカラーで目もとを明るく

ハイライトカラーをやや大きめのブラシにふくませ、手の甲でパウダーの量を調整します。パウダーをまぶたの中央にのせたら、ブラシでまぶたを包むイメージで、まぶたの中心に光を集めます。眉山の下と目の下にも軽くのせて。

動画を見る

next step

2. ミディアムカラーで目もとの立体をひきだす

ミディアムカラーをブラシにとり、アイホールにのせます。目尻から中央へ、目頭から中央へとアイホールのくぼみをなぞるようにブラッシングすることで、目もとの立体をひきだしましょう。

next step

3. メインカラーで発色、深みをもたせる

メインカラーを小さめのブラシにとり、目尻側から、二重の幅ほどの範囲にのせ、より立体感を演出します。ミディアムカラーとメインカラーを重ねることで自然な陰影が演出できます。

色みを際立たせたい場合は、チップを使うと濃く発色させることができます。

next step

4. シャドウカラーで陰影を深くする

シャドウカラーを小さめのブラシまたはチップにとり、目尻から目頭へ向かって、目のキワに入れていきます。ペンシルアイライナーで描いたラインに重ねるように入れると、目のキワが引き締まります。濃く発色させたい場合は、細いチップを使いましょう。下まぶたにも目尻より1/3 に入れ、軽くぼかしましょう。

next step

目もとをラインで際立たせる

“浄化メイク”を完璧に仕上げるためには、ラインの力が不可欠。 リクイドライナー、ペンシルライナー。 それぞれの特性を生かした線の効果で、まなざしを際立たせましょう。

くっきりとしたライン

リクイドライナーで、目尻から中央、目頭から中央に向かってラインを引き、最後に目尻のラインを描きます。まつ毛の生え際に沿って細いラインを描くことで、目もとが引きしまり、印象的なまなざしに。筆をやや寝かせて描くと、きれいなラインが引けます。

リクイドライナーは、細くくっきりとしたラインを描けるのが特徴です。

動画を見る

next step

やわらかいライン

目尻から中央、目頭から中央に向かってラインを引き、まつ毛の生え際をなぞりながら、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにして仕上げます。目尻はチップを使って整えます。

ペンシルライナーはラインが柔らかくぼけるのが特徴です。

動画を見る

next step

まつ毛を美しくみせる

マスカラベースとマスカラを効果的に使うことで、 まつ毛を濃く長く見せて、美しいまなざしを演出しましょう。

1. 美しいカーブをつくる

まつ毛を上向きにカールさせたい場合は、アイラッシュカーラーを使用します。まつ毛の根元をきちんとあげてから、2~3回手を返して毛先に向かってカールさせます。まつ毛の際がよく見えるよう、鏡を下におくと、うまく仕上がります。

横から見ても立体感のある目もとをつくるためには、1 回ではなく、少しずつ数回にわけて、まつ毛をあげていきましょう。美しいまつ毛のカーブがうまれます。

動画を見る

next step

2. 長さとボリュームを整える

まつ毛が細かったり、まばらに生えている場合は、まつ毛にハリとボリュームをもたせるために、マスカラベースを塗ります。まつ毛の根元から先端に向かって塗っていきましょう。

動画を見る

next step

3. まなざしに存在感を与える

マスカラをまつ毛の根元から毛先に向かって塗ります。マスカラブラシを根元にしっかりとあてて塗り、左右に動かしながら、まつ毛1本1本をしっかりセパレートさせるように塗ります。下まつ毛は、マスカラブラシを縦に持ち、左右に動かします。

動画を見る

next step

眉を整える

眉の形や色によって、顔全体の印象は変わります。 自身の骨格に沿った自然な眉をベースに、洗練された表情をつくりましょう。

眉の長さを決める

スクリューブラシで眉の毛流れを整えてから、アイブラウペンシルで眉毛の足りない部分を描き足し、眉尻を決めていきます。眉山から眉尻へ、眉山から眉頭へ、毛流れに逆らって動かし、眉全体の長さを決めます。

動画を見る

next step

眉の形をやわらかく描く

アイブラウパウダーで、眉毛の立体感や太さを足して、自然な毛の流れを演出します。丁寧にぼかすことで自然な眉に仕上がります。

next step

眉の色を髪の色に合わせる

髪の色に合ったアイブラウマスカラで、眉毛の色を整えます。まずは、眉尻から眉頭に向かって眉毛を逆立てるように塗ります。次に、眉頭から眉尻に向かって、眉毛をとかすように塗り、眉全体の毛流れを整えます。

マスカラを使うことで眉の毛流れも整い、定着させる効果もあります。

ルナソルパーフェクトステップを、
動画でご覧いただけます。

全ステップを動画で見る

ルナソルパーフェクトステップの
PDFを、ダウンロードいただけます。

PDF(2MB)をダウンロード

浄化メイク:こころまで洗われるような気分に導くメイク