紫外線のはなし

あなたは紫外線
知らないうちにダメージを
受けているかもしれません。

紫外線がお肌に良くないことは
なんとなくわかっている方も多いはず。
でも、ずっとキレイな肌でいたいなら、
紫外線のことをきちんと理解してみませんか。

紫外線っていったい何モノ?

紫外線とは、太陽からやってくる、人間には見ることのできない「光」です。
私達にとって、肌や目に悪影響を与えている紫外線には、波長の違うA、B、Cの三つの種類があります。
 
A . 太陽から届く紫外線のうち、大部分(95%以上)を占めるUV-A

波長が長く、窓ガラスや雲も透過して、肌の真皮まで届きます。日常生活の中で、徐々に皮膚に影響を及ぼし続ける紫外線です。
 
B . 量は少なくとも、肌への影響が大きいUV-B

太陽から届く紫外線の中にはわずか5%ほどしかないけれど、赤く炎症を起こす日焼けの場合、その力はUV-Aの1000倍以上。量的に少なくても、皮膚に大きな影響を与えてしまう紫外線です。

C . さらに危険度が高いけれど、地表には届かないUV–C
UV–Cは、UV–Bよりも肌への影響が大きく、ものすごく危険です。でも、上空のオゾン層が守ってくれているので、私たちのいる地表には届きません。

日焼け止め(SPF,PA)の見方

UVーAを防ぐにはPAに注目!
日焼け止めの「PA」とはUV–Aの防止効果の程度で、効果の強さを「+」の数で表示しています。
+は1~4つまでの4段階表示で、数が多いほど効果が高くなります。

UV–Bを防ぐにはSPFに注目!
日焼け止めの「SPF」とは赤く炎症を起こす日焼けをどれだけ防止できるかという目安。
海などのレジャーでは50程度が目安。

紫外線対策は夏だけでいいの?

紫外線は夏だけのものではありません。
1年を通して肌に届きダメージを与えています。
 
グラフを見るとわかるように、UV–Aは、最も少ない12月でもピーク(5月)の約3分の1は届いてます。
一方  のUV–Bは、最も少ない12月はピーク(7月)の約5分の1。それでも3月には12月の倍、4月には更にその1.5倍の量が。
まだ暑くならない春先に油断しがちですが、要注意。思わぬ日焼けをしないよう、紫外線対策は早め早めが基本です。

国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク 2015年つくば局観測データ

色々な角度からねらわれています

肌のことを考えたら、紫外線対策に油断は禁物。今日からしっかり、キレイに防ぎましょう。

・紫外線には、直射光と散乱光があります。地上に届く紫外線は半分以上が、様々な角度からふりそそぐ散乱光です。

・太陽に背を向けていたり、帽子や日傘を挿していたりしても、顔面は直射光をさけることができても、すべての紫外線から防ぐことはできません。

日焼け止めのメカニズムについて

日焼け止めは、成分自体が紫外線を吸収し、肌の内部に届くことを防ぐ成分と、粉末状の成分が紫外線を主に散乱することによって肌に届くことを防ぐ成分が使われています。
日焼け止めを肌に塗ると、肌の上で薄い膜となり、紫外線が直接肌に届かないようにしてくれます。「紫外線が肌に届かないように防いでくれる成分」は、以下の2つに分類できます。
 
紫外線散乱剤=紫外線をはね返すことで、皮膚に紫外線が届くことを防いでくれます。
 
紫外線吸収剤=紫外線を一度吸収して熱に変換・放出します。

アリィーの技術 ADVANとは

深層部ダメージUVをブロック
アリィーで採用の〈ADVAN〉は、薄板状紫外線散乱剤を使用した「高い透明性」を有するUVカット技術です。
 
1. 紫外線を長時間浴びると肌のハリ低下などの肌ダメージの原因となる紫外線A波をカットします。
2. 肌に薄く均一にフィットするので、なめらかでさらさらの使い心地。
3. 同時に、白浮きしない。

Page Top